暮らしの安心を届ける葬儀ナビ

都会の独身高齢者に安心して生活してもらうためのお葬式ガイド

家族葬を検討するときは葬祭場と故人の格を考えて

家族葬で大切な人をおくるということ

家族葬をご存知でしょうか。最近よく執り行われる葬儀の形ですが、言葉の通り、家族や近親者の参列が中心となるこじんまりとしたお葬式のことです。
ちょっと前までは密葬とも呼ばれていましたが、今はより暖かい響きのある家族葬と呼ばれています。
家族葬は費用を抑えられることや、最近の日本人の生活スタイルにも合う部分があり、急速に広まっています。
一般のお葬式ならいらっしゃるであろう縁の遠い方に気を使うことなく、ゆっくりと故人との別れの時間をもつことが出来ると人気です。

費用面でのメリットは大きい

家族葬の一番のメリットは、やはり葬儀費用が安くすむということでしょうか。
お年寄りの葬儀でも、長男といっても独身だったり、都会に出ていて忙しく葬儀どころじゃないという方もいらっしゃいます。
親戚も昔ほど結びつきも強くなく、住んでいるところも色々でしょうから葬儀の時に初めて会ったなどとはよく聞く話です。
お子さんが女の子一人っ子の場合も最近では多く、そうなると大きな葬儀はますます難しいのが現状です。

家族葬にすれば少人数ですから、料理や香典返しなどの費用が軽減されます。
また、斎場も小さくてよいので予算も一般的な葬儀と比べて半分程度ですむことがあります。

家族葬はおくられる人の社会的な地位や立場も考えて検討しましょう

しかし、こういった葬儀のスタイルがいつも歓迎されるわけではありません。
生前、社会的地位があった方や、地方に親戚が多くいらっしゃる方の場合、ご遺族の中には大きな葬儀を望まれる方もいらっしゃいます。
また、葬儀が小さかったために後々弔問客の対応に追われてしまうという場合もありますので、葬儀会社と相談し、一筆送るようにしても良いでしょう。
町屋斎場など現場レベルでは、遺族は暖かい葬儀のみを望んでいるとのことです。
もしあなたが参列することがあれば脇役に徹し、ご遺族への配慮を忘れないことが大切です。

暮らしの安心を届ける葬儀ナビコンテンツ一覧