暮らしの安心を届ける葬儀ナビ

都会の独身高齢者に安心して生活してもらうためのお葬式ガイド

家族葬を行って感じたメリットとデメリット

近年好まれる家族葬について

近年は大掛かりな葬儀をせずに、近しい身内や親しい友人のみで行う家族葬が一部で好まれています。
家族葬とは前述した通り故人に近しい少数人で行う葬儀ですので、最後の別れを他の人に気兼ねすることなく存分に行うことができます。
また小さな葬儀で済みますので費用をなるべく安く抑えることも可能です。
中には残される家族のことを考え、故人が遺言で家族葬を希望することも少なくありません。
また故人が高齢で亡くなられた場合、友人などが少なくなっている場合もありますので、このような場合に家族葬が好まれているようです。

家族葬で感じられるデメリット

しかし反対にデメリットもあります。
世間体や昔からの習慣を大切にする親族などからは、反対が出る可能性があります。特にそういった習慣を大事にする地域性などあったりすると、理解されるのが難しいようです。
このような場合故人の遺言などがあれば説得もしやすいですが、そういった物がない場合はどうして家族葬という形式をとるのかと言うことを、きちんと説明し理解を得ることが大切です。
また、葬儀後に故人の死を一般の方々に報告する形になってしまいますので、例え故人の遺志であったとしても、なぜ知らせてくれなかったのかと言われてしまうこともあります。
そのため、後日弔問客の対応が必要となる場合もあります。

家族葬儀は核家族化、都会化の帰結

このようにメリット・デメリットとありますが、地方に行くに連れて習慣などが根強く残っている傾向が強く、葬儀も大きく派手に行われるケースが多いようです。
一方都会の方になるに連れて、このようなこじんまりとした身内のみの葬儀が好まれるようです。
費用の部分でもそうでしょうが、核家族化が進み親戚付き合いなども希薄になってきているのかも知れません。

暮らしの安心を届ける葬儀ナビコンテンツ一覧