暮らしの安心を届ける葬儀ナビ

都会の独身高齢者に安心して生活してもらうためのお葬式ガイド

田舎の葬儀との違い。都会の方こそ家族葬を

都会で流行するコンパクトな葬儀の形態

田舎の方では今でも大がかりな葬式を行いますが、都会の方はそんなに大きな葬式を望んでいないように思えます。
都会に住んでる有名人や芸能人は、家族葬を行いその後で故人を偲ぶ会を行う事が多くなってきました。
多分に個人的な感想なのですが、都会では近所づきあいが少なく、又死生観が時代を経るにつれ変わってきているように思えます。
経済的には大きな葬式をすることは十分可能なのでしょうが、本当に自分の死を悲しんでくれる人(家族)だけで十分と思う人が増えているからではないでしょうか。
会社等の付き合いがあれば家族葬は難しいと思われますが、それ以外では十分家族だけで見送る事で十分こと足りると思います。
それで事足りなければ、故人をしのぶ会を後日行えば済む事です。

小さく葬儀をすることでメリットも大きい

現在少しは経済状況も好転していますが、それでも生活が苦しい方が多く見受けられます。
大きな葬式をすればそれだけ大きな出費を覚悟しなければいけないでしょう。
生前に準備をしておけば大きな葬式も可能でしょうが、そうでない場合は家族葬がいいのではないのでしょうか。

個人的にもおすすめしたい家族葬

葬式では少しの付き合いでも出席しなければいけない事も多いです。
しかし家族葬ではそういうこともありません。
後日行われる故人をしのぶ会では、本当に故人にお世話になった方が来る事が多く形式的な葬式よりもとても心温まるものになるでしょう。
自分ももし亡くなってしまったら、普通の葬式よりも家族葬を望みます。
仮に後日行われる故人をしのぶ会で出席者が少なくても、自分の事を本当に思い出席してくれた事に感謝するでしょう。
今は葬式の形も人それぞれです。
ある程度元気なうちにどのような葬式を望んでいるのか、家族で話し合う事も必要になるでしょう。

暮らしの安心を届ける葬儀ナビコンテンツ一覧